行田で建設業許可の申請代行【経営事項審査も行政書士】

行田で建設業許可申請なら行政書士事務所へ

行田からお問い合わせ

行田で建設業許可申請サポート
call メールフォーム word faq voice
SIDE MENU
行田での建設業許可申請!
link
Google map
出張対応地域

◆埼玉県・東京都など柔軟に対応します

大宮 与野 浦和 武蔵浦和  川口 戸田 戸田公園 宮原 上尾 桶川 北本 鴻巣 土呂 蓮田 白岡 久喜 大和田 七里 岩槻 春日部 日進 指扇 川越 越谷 赤羽 熊谷 行田 上野 田端 さいたま市 ふじみ野 羽生市 加須 吉川市 狭山 幸手 坂戸 三郷 志木 所沢 新座 深谷 草加 秩父 朝霞 鶴ヶ島 東松山 日高市 入間 八潮 飯能 富士見市 本庄 和光


記載のない地域の方もお困りであればまずはご要望ご相談下さい。できる限り対応させていただきます。

トップページ>行田

行田で建設業許可申請をするなら

『行田の皆様の許可取得をサポート』

行田の皆様へ行田

当サイトへお越しいただき、誠にありがとうございます。行政書士さいたま新都心事務所でございます。

行田は「のぼうの城」の舞台になった街ですが、平成29年4月に「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」として日本遺産にも認定されるなど、非常に歴史的文化的に重要度が高い街ということで有名です。今後、ますます行田という街が周知され、発展していくのではと思っております。

行田市では「行田市子育て世帯定住促進奨励金」制度を実施しています。活力に満ちた元気なまちを維持していくため、将来にわたり定住人口の増加を図ることを目的として、経済的にも負担の大きい子育て世帯の住宅取得を支援する制度となっています。新築の購入には上限60万円、中古住宅で上限40万円の補助があります。 また、太陽光発電システム設置補助により1件につき8万円住宅用蓄電池や絵にファームで5万円、エコウィルで2万円の補助も出ます。

建設業許可申請をするためには、準備が非常に重要です。許可の条件を満たしていることはもちろん、申請書類や確認資料をちゃんと準備できるのかどうかが、実は一番肝心な部分なのです。人によっては、条件を満たしているから簡単だと考えている方もいますが、書類や資料は人・会社それぞれの状況に適したものを用意する必要がありますので、その見極めが実際のところ難しいのです。

また、申請は県庁で行います。そのため、県庁所在地から遠い地域の方は、準備だけでなく申請自体に労力が必要です。しかも、わざわざ県庁まで行っても、書類に不足や不備があれば、泣く泣くその日の申請を断念せざるを得ません。

当事務所のサポートは、単なる書類の代理作成、代理提出ではございません。人や会社それぞれの状況を見極め、重要点を押さえ、それに合致した書類・資料の準備作成をサポート致します。もちろん申請の代行も致します。

行田で建設業許可申請をご検討の際は、ぜひ当事務所にお問い合わせください。
行田はもちろん、行田以外の地域にも出張訪問いたします。
相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。



行田で建設業許可申請をお考えの皆様へ

■当事務所には強みがあります

当事務所は、他事務所のように、料金を曖昧にしたりしません。

わかりやすく、安心できる価格を明瞭に設定し、お見積もり致します。

もし許可が取れなかった場合、当事務所は実費を除く料金全額の返金をお約束致します。

行田の気になる

voice

voice

voice

voice

voice

料金表~行田の皆様に明朗会計をお約束~

種類 実費 料金 合計
新規
(知事 一般・特定)
9万円 10万円~ 19万円~
新規
(大臣 一般・特定)
15万円 16万円~ 31万円~
更新
(知事 一般・特定)
5万円 5万円~ 10万円~
更新
(大臣 一般・特定)
5万円 6万円~ 11万円~
事業年度終了報告 5万円~ 5万円~
行田からのお問い合わせ

ご依頼いただいた場合の流れ

行田の業務フロー
行田の皆様へ~実績~
行田お問い合わせ